沢田歯科(歯医者):大阪市(西区江戸堀の歯医者)・歯科(歯医者)・根管治療・小児歯科

大阪市西区江戸堀にある歯科(歯医者)「沢田歯科(歯医者)」
[予約・お問い合わせ先] 06-6443-8241 [診療時間(休診日:日曜・祝日)] 09:30-13:00 / 14:30-19:00
沢田歯科医院ホーム
治療方針・治療科目
根管治療
歯周病治療(ペリオ)
インプラント(POIインプラント)
小児歯科
矯正治療
審美歯科治療
レーザー治療
定期検診
アクセス・医院案内
スタッフより
採用情報
今月・来月の休診日についてはこちら!
沢田歯科(歯医者)では、一緒に働く仲間を募集しています。
沢田歯科(歯医者)から のお知らせ
沢田歯科(歯医者)の ロゴマークが完成!ロゴマークにこめられた思いとは…
ホーム > 沢田歯科医院の治療方針・治療科目 > インプラント(POIインプラント)
インプラント(POIインプラント)
入れ歯より数段強く噛むことができ、装着感も非常によい治療方法です。 また前後の歯の負担を和らげる効果もあります。
歯を失われた場合、前後の歯を削ってブリッジ(固定式のかぶせ物)を装着したり、部分床義歯(入れ歯)を使用します。入れ歯が気持ち悪かったり、きれいな歯(天然歯)を削りたくない場合、インプラントが有効な治療の一つになります。

インプラントは、歯の根が無くなった所(あごの骨)の中に、チタン製のスクリューを埋め込み、その上に人工の歯を装着し噛み合わせを作る方法です。歯と同じ機能を持ったものではありませんが、入れ歯より数段強く咬む事が出来ますし、装着感も非常に良いです。また前後の歯の負担を和らげる効果もあります。
インプラント治療を行っているところです。
インプラント治療を行っているところです。
手術してからチタン製のスクリューが骨と結合するのに3〜6ヶ月の期間がかかるので、治療期間が長くなります。また、お口の中で長持ちさせるには、メンテナンス(定期検診)が重要になってきます。
沢田歯科医院では、患者さんのお口の中の健康を考えた場合、インプラントも1つの方法と考えております。
インプラントはこういう方にお薦めします!!
入れ歯が合わなくて悩んでいる人。
健康な歯を削るのが嫌な人。
入れ歯ではなく、自然な歯ならびをとり戻したい人。
沢田歯科医院ロゴ
従来の治療法とインプラント治療法との比較
歯が一本抜けた場合
奥歯が数本抜けた場合
歯が全部抜けた場合
歯周病の症例写真
まず、レントゲンなどによる十分な診断を行い、治療の計画について説明をします。 歯の抜けたところへインプラントを植え込んだあと、あごの骨にしっかり固定されるまで、3〜6ヶ月待ちます。 インプラントによるしっかりした土台ができたら、人工の歯を上に取り付けます。 インプラント完了後は、アフターケアとして、正しいブラッシングを行うとともに、半年に1回は定期健診を受けて下さい。
まず、レントゲンなどによる十分な診断を行い、治療の計画について説明をします。 歯の抜けたところへインプラントを植え込んだあと、あごの骨にしっかり固定されるまで、3〜6ヶ月待ちます。 インプラントによるしっかりした土台ができたら、人工の歯を上に取り付けます。 インプラント完了後は、アフターケアとして、正しいブラッシングを行うとともに、半年に1回は定期健診を受けて下さい。
インプラント(POIインプラント)の症例写真
T様の場合
インプラントの治療前
インプラントの治療前
インプラントの治療後
インプラントの治療後
6ヶ月後のレントゲンでは、スクリューが埋まり、骨としっかり結合しています。
K様の場合
インプラントの治療前
インプラントの治療前
インプラントの治療後
インプラントの治療後
8ヶ月後のレントゲンでは、スクリューが埋まり、骨としっかり結合しています。
S様の場合
インプラントの治療前
インプラントの治療前
前後の歯を削らずに治療した症例です。
インプラントの治療後
インプラントの治療後
4ヶ月後のレントゲンでは、スクリューが埋まり、骨としっかり結合しています。
このページの先頭に戻る このページの先頭に戻る
大阪市西区江戸堀にある歯科医院「沢田歯科医院」 〒550-0002 大阪市西区江戸堀2丁目3-1 AMビル3F TEL:06-6443-8241 メールアドレス:info@sawada-dental.jp
Copyright (C)2006-2009 大阪市 西区 歯科医院 歯医者 沢田歯科医院 All right Reserved. 歯科 ホームページ制作 歯科医院 ホームページ作成